フリーランスFPのblog
万FP
10:00~17:00(月~金)

日誌(2020年2月16日日曜日)

アイキャッチ画像は親友の無忙庵さん(https://photopool.bts-works.com/)から許可を得て拝借しています。

興味がございましたらご支援の程よろしくお願い申し上げます。

行ったこと

  • 1日10ツイート以上クリア
  • 買い出しとか家事とか

反省点

土日祝日は奥様が休みなのもあり、ブログ更新とか仕事とかはやっぱり難しいなと改めて痛感。

今後、土日祝日は無理しないで奥様孝行に使い、平日に記事を書き溜めて対応していきます。

最近は奥様も家事を率先して手伝ってくれて助かっています。

お陰様で持病の腰痛も大分良くなってきたので、復調と共に更新速度も高めていきます!

一言・所感

1ツイート毎にちゃんと140文字をフルに使うと頭が凄く疲れますね。いい頭の体操になりそう。

技術的なところで言えば、後はつぶやく時間帯をもっと意識すれば皆さんの目に止まるのかなと思っています。

あとは、もっとお金に関する役立つ知識につなげられるつぶやきを増やしていきたいですね。

やっぱり皆さんもお金稼ぎには関心があると思いますので。私のコンサルタント知識なども共有できればいいなと思っています。

気になったつぶやきたち

あー、久里浜医療センターはこの香川ゲーム規制条例が通ったら香川県の予算が研修用事業として回ってくるんじゃん。

そりゃ関係者が擁護の発言するわけだ。

もう通る前提で、いろいろ予算の使い道まで決まってますね。ゲーム依存性の名の下の新利権がチラチラと。

https://twitter.com/show_web/status/1228619905752158209

新清士@VRゲーム専門会社 よむネコCSOさんのツイートから引用

受け取り方次第なんでしょうけれど、私は悪いことはないのかなと思っています。

実は私も過去にゲーム依存状態に陥ったことがあるのですが、依存症みたいになると自力での回復は難しくなります。

そのため、医療機関との業務提携が既定路線ならば、悪いことはないのかなと。

香川県議会で決まりそうなゲーム規制条例は、あくまで18歳未満対象のゲームプレイ時間の制限提示であって、今のところは強制するものではなさそうですからね。

次に強制することを条例で定めようとするならば、その時には反対派の方々は全力で阻止したり撤廃を求めたりする運動やデモを起こすべきなのかなと思っています。

ゲーム好きの私には、条例強行派の方々の意見にも反対派の方々の意見にも今のところ頷けるものがあるので、静観すべき時かなと。

「ゲームばかりどうして叩かれなきゃいけないんだ」と言う意見もあると思います。

ただ、それに関しては、「ゲームは歴史が浅いために叩きやすいんだろうな」と言う感想しか思い浮かびません。

サッカーや野球などのスポーツ、競馬やパチンコスロットなどに代表されるギャンブルは歴史があり、ある程度の市場の大きさや収入が確保されている分野なので、叩きようがないのでしょう。憶測にすぎませんが。

それに対して、ゲームはつい最近ようやくそれらしい市場ができ始めました。そのため、他ジャンルのものと比較するとまだまだ市場規模が小さいので、今なら規制や制限を掛けやすいんだと思います。

条例強行派の方々は、ゲーム脳理論から前頭前野の機能が低下して社会適合が難しくなるなどと言った理由を後ろ盾に条例策定などを進めようとしているようです。

ただ、最近ではゲームはむしろ頭の働きを良くして、3Dゲームは空間把握能力を高める手助けをしてくれるという研究成果も出始めています。

しかし、客観的に眺めると、ゲーム脳理論もゲームは頭が良くなる理論もどっちもどっちの研究成果ですよ。

理由はゲーム自体の歴史が浅いので、研究成果が出たと言っても、どちらの成果も信憑性が低いからです。

そして、どちらの研究成果も信憑性が低いとなれば、後は権力が強い方の発言が勝ってしまうのが民主主義です。

今後、香川県議会で決まる予定のゲーム規制条例がどのように全国へと波紋を広げていくか。

ことの次第によっては、日本のゲーム市場やゲーム文化が衰退の一途を辿る可能性もありますね。

何度も言いますが、私はゲーム好きです。そのため、日本のゲームがもし衰退してしまえばとても悲しいのですが、それが日本の意思であるならば仕方ないと思います。

今後もこのゲーム規制の動きは、ゲーム好きならば着目すべき出来事だと思います。

【お気持ち長文】グラブルバーサスを買って格ゲーデビューしたけど1週間で人間相手に5勝しかできなかった人の話 https://privatter.net/p/5483670 とうとう1週間経ってしまったので1人でガリガリ書き殴ってしまいました。

雨宮さん@5勝止まり脱しましたさんのツイートから引用

ツイッター上で格闘ゲームの在り方や格闘ゲーム界隈のことについて議論するきっかけとなったつぶやきです。

格闘ゲームの対戦を楽しむために必要なのは、初心者向けのシステムではなく、負けを共有できる友達だ。

という記事を書きました。少し前と違って、Discordなどが普及し始めているので、今こそ小さなグループを作って格ゲーやる時期では? http://gamecast-blog.com/archives/65957999.html

寺島壽久/ゲームキャストの中の人@gamecast_blogさんのツイートから引用

私も寺島さんの意見に同意で、要は格闘ゲーム云々じゃなくって、コミュニティの問題なんですよね。

私はガチ勢と呼べるほど格闘ゲームは上手じゃないですが、それでもそこそこできた方だったので、以前はゲームセンターでガチ勢の方々に可愛がってもらって上手くなったものでした。

ただ、そもそもゲームを楽しみたいだけの方にとってみればガチ勢のアドバイスって鬱陶しいだけだと思いますし、逆にガチ勢にとってみれば「上手じゃないクセに、向上心もないクセに楽しみたいとか何だコイツ」となってしまう。価値観の相違から発生する齟齬なんですよね。

例えば、阪神タイガースファンの方々はわかりやすいコミュニティだと思います。

違う球団のファンから見れば、阪神タイガースファンは野次を飛ばす口の悪い人たちに映っているのかもしれません。(私は阪神タイガースファンの皆様が口の悪い方とは思っていませんのであしからず)

しかし、いざあなたも阪神タイガースファンに混じって野次を飛ばしたりぼやいたりしてみれば、その気持ち良さを知って打ち解けるかもしれませんよね?

それと同様に、格闘ゲーム界隈だって、普通にゆるゆると遊んでいるエンジョイ勢が存在しているんですよ。ガチ勢よりも表立ってないだけで。

そして、ガチ勢の現状の表立ちは、残念ながら口が悪いだの態度が悪いだのと周りからは言われているのかもしれません。

ただ、どのコミュニティに属すか、属したいかはあなたが決める権利を有していて、属したくない集団には近づかなければいいだけの話なんですよね。

そりゃ、阪神タイガースファンの方々に「あんたらは口が悪いから試合中に野次飛ばすのとかやめてくれ」と他球団のファンの方々が口出ししたら戦争が起きますよ。

そのため、ゲームに対する批判・楽しみ方と、その界隈に属するコミュニティに関する批判とは正しく分別しないといけません。

「適度に勝てなきゃ面白くない」と言うのなら、属するコミュニティを変えればいいだけの話。ガチ勢がウザいと思うのならブロックすればいいだけの話。そのためのインターネット(対戦)ではありませんか?

もしこれが昔のゲームセンターならば、対面で会える人も限られていましたので、その限られたコミュニティの中で対戦を楽しまなければいけませんでした。好きなゲームと言っても、勝てなければ我慢の連続ばかりだったので、耐えて耐えて楽しまなければいけなかったです。ゲームセンター内に漂うコミュニティのルールは絶対みたいな空気感があったので、それに合わせてしか楽しむことはできませんでした。しかもそのルールは、そのゲームセンター内の強者のみが決めていいみたいな流れもありました。弱者はただただそれに従ってプレイするしかありませんでした。だから、ゲームセンターでの格闘ゲームはプレイ人口が徐々に減って言って衰退したのでしょうし、コミュニティが形成されてしまう以上発展しようがなかったとも言えます。

それから今の世の中は解放されたと思えば、それだけでも十分に恵まれていると思いますよね。