フリーランスFPのblog
万FP
10:00~17:00(月~金)

日誌(2020年2月2日日曜日)

たこ焼きの素とホットプレート

アイキャッチ画像は人生初のたこやきパーティーを奥様と初めてしたとこ。

なんか、初めてだし、塩梅がよくわからなかったけれど、テキトーにやっても意外と見栄えよくいくものなのね。

まだ冷凍庫にお正月にいただいたタコ足がたくさん残っているのよ。

今度はお好み焼きか海鮮チヂミでも作ろうかしら。

本日行ったこと

  • ブログ更新
  • ライティング
  • イラスト作業
  • 家事とか

反省点

起きて片頭痛が無くならなかったのと心臓付近が痛くてほぼ一日中休みっぱなしの日だった。

体調不良になってしまった以上仕方ないけれど、個人事業主で誰も自分の世話なんて見てくれないのだから、もうちょっと体調管理をしっかりしないといけないわね。

溜まっているストレスが原因だろうけれど、こうなると寝るしか治す方法がないので、事前にもっと手を打たないと。

とは言っても、体調不良のサインに敏感になるしか事前に手の打ちようもないから、自己観察を更に磨くしかないのだけれど。

自分のことは自分が一番わからない。そうは言うけれど、自分の見つめ直しをこれからもしっかりやっていくわ。

一言・所感

書きかけだった記事をすべて消去した。

というのも、見直してみればひどく否定的だったので、自分に嫌気が差したからだった。

否定的とはいえ、内容的には多分、公開すればそれなりに支持や共感は集められたと思う。しかし、私は好きなものを語り、それで支持や共感を得たい人ではなかったか?

ネット上に公開する愚痴や悪口、過激な物言いや否定的な姿勢は、例えそれが正義の物言いだったとしても自己評価を下げるだけに過ぎないと思っている。もちろん、世間一般的に否定されるべき出来事には自らも参加していいとは思うけれど、「世間一般」の定義も難しいものよね。「類は友を呼ぶ」という諺がある通り、自分の周りには大抵、自分と似通った思想を持った人が集まるものなのだから。人は都合の良い事実しか受け入れないとも言われているからね。

「盗人にも三分の理」という諺もある。何が事実で真実かは、当事者でない限り見極めができない。よって、よほどのことじゃない限り、否定的な姿勢を取るものじゃない。

「悪名は無名に勝る」とよく言われる。

私も人の子。時折、否定的な記事を書いたりツイッターなどで否定的なつぶやきをしたりしてでもバズって、一時的にも人気者になってみたいあなぁという欲望は捨てきれない。そのため無意識に記事を書いていると、ひょこっとそのような感情が顔を見せて、気が付けばひどく否定的な内容の記事を書いているときがある。もちろん見直しした際に気が付けば、言葉や表現を変えたり、若しくは今回のように全て消してそのようなことは決してしないように心がけているのだけれど。

人生とはままならない。自分で自分を殺そうとしているときがあるのだから。

悪名を轟かせるならば、私は無名の平々凡々とした人生を全うしたい。せっかく親が与えてくれた名前、それを穢したくはないでしょう?

こんなこと、本当は別に書かなくていいとわかっているけれど、自戒の念を込めて書いておく。