フリーランスFPのblog
万FP
10:00~17:00(月~金)

日誌(2020年1月19日日曜日)

アイキャッチ画像は親友の無忙庵さん(https://photopool.bts-works.com/ )から許可を得て拝借しています。

彼の写真はいいものが多いので、興味があれば是非支援してください。

本日行ったこと

  • 食材の買い足し
  • ホームページリニューアル作業をちょっと

反省点

特にはないかな。

日曜日は基本的に奥様に尽くす日と決めているので、仕事はできてもできなくてもいい。

ただ、明日(月曜日)には、確実にホームページの公開ができていることを目指す。

一言・所感

我が家が食材の買い足しに行く日は、夕飯は外食かカレーかシチューと私が決めているのだけれど、本日はリベンジということもあり、サイゼリヤに行くことになった。

何がリベンジかって、前回行った時は「アロスティチーニ」が目当てで行ったのに、売り切れてなかったのだ。

それで内心ウキウキしながら奥様と向かったのだが、結論から言えば今回も品切れで食べられなかった。残念。

店員に「品薄なのかい?」と尋ねたところ、「土曜日は終日あって、今日は午前中で売り切れました」と。

ああ、それじゃあ発注ミスか、店長か副店長が仕入を渋くしたのかと、ちょっぴり虚しく思ったり。

悲しいかな、サイゼリヤの内情にはそこそこ詳しい分、何となく察しがついてしまった。

まぁ、私も大手飲食店店長の端くれみたいな時期があった。発注管理は本部や店長の考えが強く反映され対立することもため、一筋縄ではいかない。

客の願いと店側の意向を合致させてなおかつスマートに運営させる難しさというのは今でも心得ているつもりだ。

それにもしかすると、工場での生産が追い付かないとかで、発注数に制限掛けられているのかもしれないからね。決めつけや先入観は良くない。

そんなこんなで結局は口にできなかった訳なんだけれどアロスティチーニ。

アロスティチーニって、なんだか何度も口にしたくなる語感があるよね。

羊を他の地域に比べてよく食べる道民からしてみると、どうしてもチェーン店の実力が如何程のものなのかが気になってしまい、やっぱり食べてみたい欲求に駆られてしまう。

日を空けずにまた行くと流石にサイゼ飯にも飽きてしまうので、来月か数週間後にまた行きたいと思う。

主夫にとって外食の選択肢が狭まると苦しい。

外食はどうしても食事を作りたくなくなった日の奥の手なので、できれば切り札としてその有用性を取っておきたいのだ。特にサイゼは味と値段のコスパがいいので最終手段的なところがある。

何ともまぁ、本日は所帯じみた話をしてしまった。