フリーランスFPのblog
万FP
10:00~17:00(月~金)

「学校ていうのはな、頭のわりぃ奴が行くんだよ」【実際に経済的に自立した中学生・高校生たち】

「頭のいい人は、学校行かなくてもいいんだよ」

引用元:『ドリフ大爆笑』のコント「バカ兄弟の受験」から故・いかりや長介さんのセリフ

タイトルと上記のセリフは『ドリフ大爆笑』のコント「バカ兄弟の受験」で故・いかりや長介さんが口にしたセリフです。

しかし現代で「学校ていうのはな、頭のわりぃ奴が行くんだよ」というセリフは、なんだか現実味を帯びていると思いませんか。

この記事は、学校が嫌いな学生、様々な事情から学校に行きたくないと思っている学生をターゲットにしています。

しかし、お子様を持つ親御様にもぜひ目を通してほしい内容となっています。

この記事で得られる利益は以下です。

  • 結論:「頭のいい人は、学校行かなくてもいいんだよ」
  • 理由:実際に経済的に自立した中学生・高校生たちが出現しているから
  • 利益:現代は学校に行くのが生き方のすべてじゃない

結論:「頭のいい人は、学校行かなくてもいいんだよ」

「頭のわりぃ奴が学校に行って、先生にいろいろ教えてもらうんだ」

引用元:『ドリフ大爆笑』のコント「バカ兄弟の受験」から故・いかりや長介さんのセリフ

その通りだと思います。

私は子どものとき教養がなかったので、親や先生に道徳やモラル、マナーや学問などを教わりました。

ただし、学び方を知れば、わざわざ他人に教えてもらう必要はありませんよね。

今でこそ、書籍やインターネットで様々な情報を得て学ぶことができます。

そのため、頭のいい人なら、わざわざ学校に行ってまで学ぶ必要はないと思います。

しかし、書籍やインターネットの情報には、ウソも多く混じっています。

そのため、「頭のいい人」だけが、学校に行かなくていいんだと思います。

頭のいい人なら、ウソの情報を見抜く能力を持っていますからね。

そして頭のいい人は、自分の知らないことは謙虚に親や他の頭のいい人に、自分から質問できる行動力を持っています。

つまり、「頭のいい人は、学校行かなくてもいいんだよ」。

理由:実際に経済的に自立した中学生・高校生たちが出現しているから

なぜ人は学ばなければならないのでしょうか?

答え:世の中で生き残るため

言ってしまえば、以下は生き残るための手段です。

  • 学問を学びスキルアップしてお金を稼げるようになる
  • 人に寄り添うための道徳やモラル、マナーなどを大事にする
  • 団体行動を学び組織のルールを守れるようになって会社員になる

シマウマなどの草食動物が群れて、ライオンなどの肉食動物から身を守って生き残るのと同じ行動ですね。

つまり、経済的・人間的に自立している人は、動物界でいうと肉食動物の立場になります。

資本主義社会では、お金をたくさん持っている人が、経済的にも人間的にも自立できます。それが現実です。

そして、以下の人たちは実際に経済的に自立した中学生・高校生たちです。

月収7桁中学生キメラゴンさん

キメラゴンさんは、現在Twitter上の活動を中心として、YouTubeや有料noteでも情報発信をしてお金を稼いでいらっしゃいます。

中学2年生のとき、「将来は就職したくないな」という思いもあり、イケダハヤトさんなどの存在を知ったのをきっかけに「自分で稼ごう」と行動しはじめたそうです。

ご本人は「両親の教育のおかげで稼げるようになった」と言っていますね。

月収180万円の女子高生ぴよめっとさん

ぴよめっとさんは、現在Twitter上の活動を中心として、女子高生インフルエンサーとしてお金を稼いでいらっしゃいます。

お母様がアフィリエイトブログをやっていたのをきっかけに、自分も高校2年生のときに特化型ブログをはじめてみたそうです。

ご本人は「女も自力で稼ぎたい」「お母さんを楽にさせたい」と言っていますね。

台湾の希望オードリー・タンさん

オードリー・タンさんは現在38歳ですが、16歳から起業して稼いでいらっしゃった人です。

8歳の時にコンピュータープログラミングに興味を持ち、それから独学で勉強をしはじめて、中学校を中退してドイツに留学しました。

ご両親はオードリー・タンさんの意思を尊重して、学校に行くのがすべてじゃないことを認めていたそうです。

また当時の校長先生も、オードリー・タンさんの頭の良さを認めた上で、中学校を中退することを許したとか。

35歳の若さで台湾の行政院に入閣し、今では台湾の人々から「彼女の存在は私たちの希望」と慕われるほどの人望を持っています。

利益:現代は学校に行くのが生き方のすべてじゃない

現代は学校に行くのが生き方のすべてじゃないことが証明されています。

この事実は、学校が嫌いな人や、様々な事情があって学校に行きたくない人にはいい知らせですね。

ただし、「頭のいい人」限定の話なのはお忘れなく。

私は「頭の悪い人」なので、親や先生にたくさんお世話になりました。

あと、実際に経済的に自立した中学生・高校生たちに共通しているのは、みんな親の理解があることです。

つまり、頭のいい人が学校に行かなくてよくなるのは、以下の条件がそろった時です。

  • 自分の頭の良さを証明できた人
  • 自分の考えを親に話し、親が理解を示した人
  • 先生を説得して「学校に来なくてもいいよ」と言われた人

そのため、学校が嫌いな人、学校に行きたくない人は、まずは自分の頭の良さを親に示しましょう。

親や先生くらい論破できない人は、「頭のいい人」とは言えません。

頭のいい人になるためには、自分の興味があることをひたすら学ぶのみです。

さぁ、がんばって勉強しましょう。

参照一覧

  • ノンフィクションライター・近藤弥生子(こんどう・やえこ)、「国民が参加するからこそ、政治は前に進める」――38歳の台湾「デジタル大臣」オードリー・タンに聞く、Yahoo!ニュース 特集編集部、https://news.yahoo.co.jp/feature/1517、2019/12/12(木) 9:39 配信
  • 西岡千史、新型コロナ“神対応”連発で支持率爆上げの台湾 IQ180の38歳天才大臣の対策に世界が注目、AERAdot.、https://dot.asahi.com/dot/2020022800078.html、2020.2.29 07:00
  • キメラゴン@月収7桁中学生、キメラゴンの何も隠さないマガジン、https://note.com/kimeragon
  • HBO編集部、月収6桁の中学生ブロガー、「就職したくないから稼げるようになりたい」、ハーバー・ビジネス・オンライン、https://hbol.jp/209441、2019.12.25
  • YongRa Ahn、ネットビジネスで月収180万円の女子高生。「お母さんを楽にさせたい」、ハーバー・ビジネス・オンライン、https://hbol.jp/212290、2020.02.06